qrcode.png
http://yamanashi-darc.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 
NPO法人山梨ダルク
          デイケアセンター
〒400-0856
山梨県甲府市伊勢4-21-1清水ビル
TEL  055-223-7774
FAX  055-267-8874
 
 
一般社団法人山梨ダルク本部
〒400-0857
山梨県甲府市幸町9-25
TEL  055-242-7705
FAX  055-242-7706
E-mail 
 
 

山梨ダルク スタッフ紹介

  • ホーム  > 
  • 山梨ダルク スタッフ紹介
 

スタッフ

スタッフ
 
里山和雄(さとやま・かずお)  山梨ダルク本部 本部長
里山写真
出身地:大阪府
 
国立病院機構久里浜医療センター
薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了
 
薬物・アルコール依存症から回復途上の当事者
ピアカウンセラー
 
酒とクスリに溺れて、どうでもよかった人生…。山梨ダルクに繋がり、
2度目の人生をプログラムによって与えられた。
酒や薬を使わず10年、平成28年に食道癌を患うも克服。
平成30年、職場復帰。
波乱万丈の経験を元に、宿泊施設の統括マネージャーを担当。
 
小林郷志(こばやし・さとし)  NPO法人 山梨ダルクデイケアセンター施設長
小林写真
出身地:神奈川県
 
国立病院機構久里浜医療センター
薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了
 
薬物・アルコール依存症から回復途上の当事者
ピアカウンセラー
 
薬物まみれの人生、刑務所7回から奇跡の回復。
2ヶ所のダルクを経て、平成23年よりNPO法人山梨ダルクの施設長を務める。
自身の服役経験を基に、刑務所に
「薬をやめられる」「人生を変えられる」「幸せになる」
といった希望のメッセージを運んでいる。
信仰体験から回心し、平成21年日本基督教団愛宕町教会にて祝福を受け
クリスチャンとなる。
 
毛利学雄(もうり・がくゆう)
毛利写真
出身地:東京都
 
国立病院機構久里浜医療センター
薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了
 
薬物・アルコール依存症から回復途上の当事者
ピアカウンセラー
 
かつては、南の島でダイビングのインストラクターとして海の素晴らしさを...
現在は学校の薬物乱用防止教室等で、薬物依存当事者として薬物の恐ろしさを伝える。
県内外の講演実績多数、年間30本のメッセージ活動を精力的にこなす。
 
髙梨一樹(たかなし・かずき) 山梨ダルク本部 施設長
カヅキ写真
・出身地 千葉県
 
国立病院機構久里浜医療センター
薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了
 
薬物依存症から回復途上の当事者
ピアカウンセラー
 
祖父、父、本人三世代にわたっての薬物問題。
なるべくしてなった遺伝型の薬物依存症者。
3ヶ所のダルクを経て、平成30年より施設長を務める。
山梨ダルクにて生き方の学び直しと人生の取り戻しを行う。
日々奮闘中。
 
石森智(いしもり・さとし)
石森写真
・出身地 埼玉県
 
国立病院機構久里浜医療センター
薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了
 
薬物・アルコール依存症から回復途上の当事者
ピアカウンセラー
 
元看板制作会社自営。
少年の頃から始まった薬物問題を解決して6年が経った。
人のせいにして責任を取ることの無い人生だったが、
山梨ダルクに繋がり、少しずつ改善された。
リアルな現実の世界を今生きている。
広島ダルクでの研修を経て、現在に至る。
 
中藤敏紀(なかふじ・としき)
中藤写真
・出身地 兵庫県
 
薬物依存症から回復途上の当事者
ピアカウンセラー
 
4年制大学法学部卒にもかかわらず、30代で覚醒剤を覚え、
司法のお世話になる。どこで人生が狂ってしまったのか…。
遅ればせながら30歳を過ぎてから、薬物依存症を発症。
薬が止まらず、施設を転々とするが山梨ダルクのプログラムに出会い
回復が始まる。
 
岡田行正(おかだ・ゆきまさ)
岡田写真
・出身地 千葉県
 
薬物依存症から回復途上の当事者
ピアカウンセラー
 
元ハードコアバンドのボーカリスト。
異色の経歴としてアダルト関係の男優もつとめる。
30を過ぎて覚醒剤で逮捕され、全てを失う。
民間刑務所にて受刑中、親の勧めで仕方が無く
山梨ダルクに繋がる。結果、自分の生き方の過ちの本質に
気が付き回復の軌道に乗る。
動機が希薄でも回復するというモデルとなれば幸いです。
今、酔いの無い人生を生きる。
 
<<一般社団法人山梨ダルク本部>> 〒400-0857 山梨県甲府市幸町9-25 TEL:055-242-7705 FAX:055-242-7706