本文へ移動

当事者スタッフ紹介

回復支援を担うのは、山梨ダルクの回復プログラムを修了し、薬物・アルコールをやめ続けている当事者スタッフです。自身の経験を生かし、入寮者一人一人の状態に合わせた支援を行っています。

スタッフ

佐々木 広(ささき・ひろし)  一般社団法人山梨ダルク本部代表

岩手県出身。元学習教材の製作・販売会社経営。 覚醒剤で逮捕歴3回、受刑歴2回。2004年、薬物依存症治療のため仙台ダルクに入寮。ダルク創設者で日本ダルク代表・近藤恒夫氏の秘書を経て、2008年2月1日、山梨県甲府市に山梨ダルクを開設。富士五湖ダルクと一般社団法人グレイス・ロードの代表、NPO法人山梨ダルク理事会の理事も務める。

小林 郷志(こばやし・さとし)  NPO法人山梨ダルクデイケアセンター施設長

国立病院機構久里浜医療センター薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了

神奈川県出身。中学3年からシンナーを始め、暴走族に加入。19歳で初めて覚醒剤を使用し、逮捕歴7回、受刑歴6回。仙台ダルクに入寮するが覚醒剤の再使用を繰り返す。その後、山梨ダルクに入寮し、回復プログラムを修了。2011年からNPO法人山梨ダルクデイケアセンター施設長。2020年に指定特定相談支援事業所「あいてらす」を立ち上げ、相談支援専門員としても活動する。

里山 和雄(さとやま・かずお)

国立病院機構久里浜医療センター 薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了

大阪府出身。11歳から飲酒を始め、中学3年からアルコールに依存し、ホームレスを経験。覚醒剤も使用し、受刑歴1回。複数のダルクを経て、2008年に山梨ダルクへ入寮。回復プログラムを修了し、職員となる。2016年に食道癌を患い休職するが回復し、2018年に職場復帰。現在はグループホーム「ペア・フォレスト」施設長を務め、日中は「回復の旅サポートセンター」で回復支援に当たる。

髙梨 一樹(たかなし・かずき) 一般社団法人山梨ダルク本部本部長

国立病院機構久里浜医療センター 薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了
ASK認定依存症予防教育アドバイザー

千葉県出身。祖父、両親、親類ら覚醒剤使用者の中で育ち、18歳から覚醒剤を始める。2010年に埼玉ダルクにつながるものの覚醒剤がやめられず、3カ所のダルクを経て2012年、山梨ダルクに入寮。回復プログラムを終え、2016年に職員となる。2020年から一般社団法人山梨ダルク本部本部長を務め、入寮者の回復支援や研修スタッフの育成に携わる。

毛利 学雄(もうり・がくゆう)

国立病院機構久里浜医療センター 薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了

東京都出身。元ダイビングインストラクター。15歳からシンナーを使用し、18歳で大麻と覚醒剤を使用。アルコール、処方箋にも依存し、2008年、山梨ダルクに入寮。2011年に職員となる。現在はNPO法人山梨ダルクデイケアセンター職員として日中活動のほか、中学・高校の薬物乱用防止教室、矯正施設でのメッセージ活動を担当。あいてらす相談支援員も務める。

石森 智(いしもり・さとし)

国立病院機構久里浜医療センター 薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了

埼玉県出身。元看板製作会社経営。17歳から覚醒剤を使用し、逮捕歴2回、受刑歴1回。2012年、富士五湖ダルクに入寮。2013 年から山梨ダルクに移り、回復プログラムを修了。2018年に職員となり、現在は入寮施設「回復の郷」施設長、「回復の旅サポートセンター」センター長として、入寮者の回復と生活をサポートする。

石川 秀樹(いしかわ・ひでき)

国立病院機構久里浜医療センター 薬物・アルコール依存症回復施設職員研修修了

山梨県出身。元コンビニエンスストア経営。14歳でシンナーを始め、20歳から覚醒剤を使用。逮捕歴3回、受刑歴2回。2016年、山梨ダルクに入寮し、2020年から職員。京都ダルクでの研修を経て、2021年4月からグループホーム「マリーゴールド」施設長。山梨ダルク唯一の山梨県人スタッフ。
TOPへ戻る