本文へ移動

私たちの活動

回復支援

薬物・アルコールを必要としない生き方を身に付けるためのお手伝いをしています。心身の健康を取り戻すさまざまなプログラムを提供し、自立に向けた生活訓練や就労支援も行っています。
回復支援に当たるスタッフは薬物・アルコール依存症の当事者で、全員が山梨ダルクの回復プログラムを修了した回復者です。当事者スタッフをサポートするため、公認心理師や元警察官ら専門スタッフも配置しています。
また、行政や医療、福祉、司法の各関係機関をはじめ、市民の方々と連携しながら、依存症者の社会復帰をサポートしています。

薬物・アルコール相談

薬物・アルコールに関する相談をお受けし、問題を整理します。
ご本人には、薬物・アルコールをやめる動機付けを行い、医療機関やリハビリ施設などにつなげます。ご家族に対しては、依存症者への適切な対応をお伝えし、薬物・アルコール依存症の家族会をご紹介します。
相談は面談、電話、メールで受け付け、いずれも無料です。守秘義務を徹底していますので、安心してご相談いただけます。

予防啓発

薬物の乱用を防ぎ、依存症から回復できることを伝えるため、刑務所や保護観察所、少年鑑別所、依存症者が治療を受ける山梨県内外の病院で、私たちの経験を語っています。
学校の授業や各種団体の研修会などに出向き、薬物の予防啓発と依存症への理解を呼び掛けているほか、定期的にフォーラムやセミナーも開催しています。
薬物によって苦しむ人を生み出さず、また依存症者が回復しやすい地域をつくる一助になることを願い、活動しています。

刑事事件にかかわる当事者支援

薬物事犯者の多くは依存症の問題を抱えており、再犯を防ぐためにも当事者への適切な支援が必要です。山梨ダルクの入寮者には刑務所出所者も多く、同じ経験を分かち合いながら回復プログラムに取り組んでいます。
私たちは、回復するために必要な山梨ダルクのルールに則り、プログラムに取り組む意思のある方に対し、以下の支援も積極的に行っています。

ご依頼に応じ随時行っています                        
保釈期間中の通所受け入れ
保釈後の入所受け入れ
裁判の情状証人引き受け
受刑者との面会
受刑者との手紙のやり取り

毎月定期的に行っています                          
甲府刑務所薬物離脱指導
甲府保護観察所薬物再乱用防止プログラム
甲府少年鑑別所薬物乱用防止教室

山梨ダルク通信「甲斐福記」の発行

山梨ダルク通信「甲斐福記(かいふくき)」は、山梨ダルクの活動や入寮者の体験談を掲載しています。印刷から発送作業まで入寮者が手掛け、一通一通、手作業で仕上げています。定期購読(年間2,000円)もできますので、ぜひお読みください。

購読料のお振り込み
年間購読料    2,000円
お振り込み先 郵便振替
        口座番号 00220-6-81717
        加入者名 山梨ダルクを支援する会

お問い合わせ
一般社団法人山梨ダルク本部
〒400-0857 山梨県甲府市幸町9-23 回復支援センタービル2階   
Tel: 055-242-7705 
Fax: 055-242-7706 
E-mail y-darc.dsc@iaa.itkeeper.ne.jp      
               
お電話での相談もお受けしています
055-223-7774
NPO法人山梨ダルク
     デイケアセンター
〒400-0856
山梨県甲府市伊勢4-21-1 清水ビル
Tel :055-223-7774
Fax:055-267-8874


一般社団法人山梨ダルク本部
〒400-0857
山梨県甲府市幸町9-23
山梨回復支援センタービル2階
Tel: 055-242-7705
Fax:055-242-7706



0
0
4
9
6
3
2
TOPへ戻る